ホーム > 芸術・スポーツ > 肩が強くなる方法

肩が強くなる方法

野球をやっている人なら誰しもが「強肩」に憧れた経験があるのではないでしょうか。プロ野球選手の外野からのレーザービームや剛速球を投げるピッチャーなど、肩が強いと野球をやるうえで有利であることは間違いありません。

肩を鍛えるトレーニング

野球部でよく取り入れられている練習の中に「遠投」と「チューブトレーニング」があります。どちらも肩を強くするのには効果的な練習です。特にチューブトレーニングは遠投と異なり広い場所を必要としないのでお手軽です。

ただしこれらの練習をする際には入念なストレッチと適度な休憩が必要です。無理をしてトレーニングを続けると肩を痛める原因にもなってしまいます。もし異変を感じたら一度中止して、コーチや病院の先生などに相談するようにしましょう。

ピッチャー編

コントロールや変化球など、ピッチャーに求められる要素は様々ですが、やはり球速はかなりの武器になります。中学の部活や草野球程度であれば速い球を投げられると言うだけでもピッチャーとして十分に通用するほどです。

球速を上げるのに重要なことには、肩を鍛えることのほかに、フォームを安定させることもあります。フォームが安定することによって球速が上がるほか、コントロールもよくなるというメリットがあります。そしてそのためには下半身を鍛える必要があります。

走り込みや下半身の筋肉トレーニングをしっかりと行うことが大事です。そして自分のフォームをビデオで確認したり、監督やコーチにチェックしてもらいましょう。無駄なモーションが少なくなれば、スタミナの持ちも長くなります。

外野手編

外野手も前述の肩を鍛えるトレーニングやピッチャー編の下半身トレーニングなどが重要ですが、他の人よりも肩が弱くてもカバーする方法があります。ポイントとなるのは捕球姿勢や捕球後の動作です。

いくら肩が強くても捕球姿勢が悪かったり、捕球後の動作に無駄なモーションがあったりすると、ボールが目的の場所に届くまでの時間にロスが生じます。逆に肩が弱くても取ってから投げるまでが速ければ、肩が強い人よりもボールを早く目的の場所に到着させることもできるのです。

ですので、単純に肩を鍛えるトレーニングだけをするのではなく、捕球してから投げるまでの一連の動作をスムーズにできるように繰り返し練習すると良いでしょう。