就活がつらい…。辛い理由と具体的な対策を複数内定者が解説

就活がつらい

就活生の中には、「就活がつらい」「辞めたい」と考えている人もいるでしょう。

私も就活をしていた当時は、そのようなことを思いながら活動していたものです。

この記事では、就活がつらい・辞めたいと思う理由や、どうすれば良いのか、どのように私が乗り越えてきたかについて、詳しく解説します。

ぜひ参考にしてみてください。

就活がつらい…。辞めたい…。なぜ?

まずは、「就活がつらい」と感じる理由について、考えてみたいと思います。

私が考えるに、就活がつらいと感じる理由は、大きく3つあります。

  • うまく行っていないから
  • 何をすれば良いか分からない・方針が見えないから
  • 就活状況について共有できる人がいないから

うまく行っていないから

まず考えられるのは「就活がうまく行っていないから」です。私が就活を行っていた当時は、この理由が最も大きかったです。

やはり、「ESで落ちた」「面接を突破しない」「いくら受けても、お祈りメールばかり」という状況は、精神的に辛かったです

この時、私は大きく3つの工夫をしました。

  1. 「どこかしらの会社には、必ず受かる」と考えた
  2. 「応募して受けない」限りは、「受からない」と考えた
  3. 必ず、仮説を持って応募をして、検証、そして修正をする

まず、この世の中には、約382万社もの会社があります(中小企業白書平成29年度版より)。そのすべての企業に落ちるなんてことは、ありえないと考えました

しかも、当時の求人倍率は1倍以上でしたし、仕事が見つからないこともないと思いました。ですから、「いかに自分に合った企業を見つけるか」というゲームだと考えました

また、「うまく行っていないから」就活がつらいのだとすれば、「『うまく行けば』就活は辛くなくなる」と思いました。そして、”うまく行く”、つまり、”受かる”ためには、”応募して受けないと受からない”と思いました。

当たり前過ぎて、笑ってしまいそうですが、結構大事な考えだと思っています。就活がつらいと、続けたくなくなりますが、応募して受け続けないと、いつまで経ってもつらいわけです

だからこそ、応募して受け続けるという使命が芽生えました。そして、ただ漫然と受け続けても、ただ落ちるだけなので、仮説検証を行うことにしました。

ここまで来れば、もはやゲームのようなものです。ネット上に書かれているノウハウや動画、選考通過者の志望動機などを分析して、「これが書かれていたら、受かるのではないか?」と仮説を立てていました。

そして、受かったら、それをそのまま応用していけば良いし、ダメだったら、また仮説を考えるまでです。

こうやって、私はなんとかメンタルを保ち続けながら、就活を続けていきました。

何をすれば良いか分からない・方針が見えないから

次に考えられるのは、「何をすれば良いか分からない・方針が見えないから」です。

そもそも内定を取れるか分からない状況で、何をすれば良いのかすらも分からなければ、完全に詰んだ感覚に陥ります

幸いなことに、私は「内定は取れる」と確信していましたし、「こんなことをすれば、内定を取れるのでは?」という道筋もある程度見えていました。

その道筋のほとんどは間違っていたのですが、この理由から”就活がつらい”というのは、あまりありませんでした。

この理由で就活がつらい人は、とにかく情報収集を行ってください。方針が見えなくてつらいのであれば、方針を立てる以外方法はありません。

以下の記事で、大まかな就活スケジュールについてまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。

就活スケジュール 就活のスケジュールはどう組めば良い?複数内定者の日程を大公開

就活状況について共有できる人がいないから

3つ目に考えられるのは、「就活状況について共有できる人がいないから」です。

最近はコロナウイルスの影響もあり、大学に行けていない人も多いでしょう。自宅で悶々と就活という敵と戦い続けるのは、精神的につらいものがあります。

私の場合は、次の年に就活を控えている友人と、何か進展がある度に共有していたので、この理由でつらいと感じることはありませんでした。

ただ、「馴れ合うだけの共有」は意味がないと思っています。その人に共有をすることで、次のアクションが決まる・方針が決まるなどの進展がなければ、根本的な辛さは変わらないと思います。

就活がつらいというのは、「就活をしなければいけないけど、うまく行かないからつらい」のであって、共有できないというのは、その問題の一部だと考えています。

就活がつらいときはどうすれば良い?

ここまで、就活がつらい理由や、私の状況などについて紹介してきましたが、ここでは具体的な対策についてご紹介します。

大きく3つあります。

  • Twitterや2ch、口コミサイトなどで体験記を見る
  • 就活用のTwitterアカウントを開設する
  • エージェントを活用する

Twitterや2ch、口コミサイトなどで体験記を見る

まずおすすめなのが、「Twitterや2ch、口コミサイトなどで体験記を見る」ことです。これは、「自分以外の人も頑張っているんだな」「自分だけがつらいのではないんだな」と理解するための対策です

みんなの状況や、つらい体験談を見ると、「私も頑張ろう」と思えたりするものです。

基本的に、自分が感じることや、思うことは、他の人も同じように感じている場合がほとんどです。ちょっと調べてみると、同じように悩んでいる人は見つかると思うので、状況把握程度に、見てあげると良いでしょう。

就活用のTwitterアカウントを開設する

次におすすめなのが「就活用のTwitterアカウントを開設する」ことです。

Twitterを開き、「#22卒」などと調べると、就活用のアカウントがちらほら見つかると思います。その人たちは、自分の就活状況を共有することで、他の就活生と繋がりたいと思っています。

ですので、自分も同じようにアカウントを作ることで、簡単に就活仲間を作ることができます

私もアカウント自体は作ってみましたが、”就活中だ”ということが分かるだけで、すぐに相互フォローしてくれました。

就活だけの関係になってしまうかもしれませんが、コロナで就活仲間が作りづらい状況においては、非常に効率的な作り方だと思います。

エージェントを活用する

最後におすすめなのが、新卒向けの就活エージェントを活用することです。これが就活がつらいときの、最も効果的な対策だと思います。

私もエージェントは活用していました。就活に関する相談もできますし、ES添削・面接対策などの選考対策も行ってくれます

就活がつらいと感じるすべての理由を網羅しているので、就活がつらいと感じるのであれば、エージェントを活用しましょう。

もちろん、面接など、結局自分の力で行っていかなければいけない場面は多いので、”エージェントはあくまでもサポート”という位置づけであることを忘れないようにしてください。

また、エージェントの人は、1人で何百人もの学生を相手している場合が多いので、複数利用して、辛くなったら、すぐに相談できる工夫もしておくと良いです。

就活がつらいときにおすすめの就活エージェント3選

就活がつらいときには、就職エージェントを活用するのが最もおすすめです。

また、エージェントの人は、何百人もの学生を相手している場合が多いので、複数利用して、すぐに問題を解決できるように工夫しておくことが大切です。

ここでは、私が実際に利用していた質の高いエージェントを3つご紹介します。ぜひチェックして、実際に利用してみてください。

キャリアチケット

キャリアチケット

キャリアチケットは、レバレジーズ株式会社が運営する、就活エージェントです。

就活のプロであるキャリアアドバイザーが担当で付いてくれ、将来のことから自己分析まで徹底的にサポートしてくれます

今まで受かった人の特徴や戦略をベースに、サポートしてくれるので、キャリアチケットでも確実に内定に近づくことができます。

入社後のプランも見据えて、その人に本当に合った企業を紹介してくれるので、その点もおすすめと言えるでしょう。

就活のプロに話と一緒に進めていきたいと考えている人は、ぜひチェックしてみてください。

学長

複数内定をもらった友人が利用していましたが、エージェントの人は丁寧に話を聞いてくれ、非常に良かったと絶賛していました。連絡手段がラインで、非常に話しやすい感じだったと言っていました。

キャリアパーク

キャリアパーク

キャリアパークは、上場会社のポート株式会社が運営している、就活エージェントです。

年間1,000名以上の就活生を支援してきた、就活のプロが付いてくれ、就活を全面的にサポートしてくれます

キャリアアドバイザーが、個別に面談を行い、適性や志向などを見極め、全国417万社ある中小企業の中から、厳選された優良企業を紹介してくれます。

特別選考フローの求人もあるため、最短で1週間で内定を勝ち取ることもできます。

1人で就活をすることに不安を感じている人、キャリアアドバイザーの力を借りたい人は、ぜひ利用してみてください。

学長

こちらも、複数内定をもらった友人が利用していました。キャリアチケット同様、担当の方は非常に丁寧で、ESの添削や就活軸の棚卸しなど、丁寧に手伝ってくれたと言っていました

Goodfindエージェント

Goodfind

Goodfindは、成長志向の強い就活生向けの就活サービスです

「市場価値を高めたい」「将来起業・独立したい」といった野望を抱えている学生が多く、紹介される起業も成長市場の真っ只中にいる企業や、確実に成長する企業ばかりです。

いわゆる”成長中のベンチャー企業”を、厳選して紹介してくれるので、成長意欲のある人は、必ず登録しておきたいサービスです

また、運営者やアドバイザーの人の質も非常に高く、有名企業の役員経験者や、有名外資系コンサル出身など、ハイキャリアな人がほとんどです。

そんな人が就活を全面的にサポートしてくれるサービスが、「Goodfindエージェント」です。

完全無料で利用することができるので、ぜひ活用してみてください。

学長

私が実際に利用していたエージェントの1つです。Goodfindの人は、とにかく優秀で、ES添削、軸・志望動機の添削など、これ以上ない質の高いものに仕上げることができました。ただ、サポートする人を限定して行っているので、利用できない場合は、上記2つを利用すると良いでしょう。

就活がつらいのは当たり前!1人で頑張らずヘルプを出そう

ここまで、就活がつらいときの原因や、その対策について、詳しく解説してきました。

就活は、自分の将来に直結するものですし、基本的には1人で進めていくことになります。ですので、就活がつらいと感じるのは、当たり前です。

ただ、そのつらいと感じる就活をサポートしてくれるサービスは存在します。それが就活エージェントです。

専任のキャリアアドバイザーが付いてくれ、就職まで徹底的にサポートしてくれるので、就活がつらいと感じている人は、ぜひ利用してみてください。