短所の面接での伝え方は?伝えるポイントや見られているポイントを解説

ESや面接の中で、「あなたの短所はなんですか?」と聞かれることは多々あります。

ただ、普段生活している中で、自分の短所を理解している人や、面接での答え方を知っている人は少ないでしょう。

この記事では、そんな短所を面接で伝えるときのポイントや見つけるコツ、具体的な例文について、詳しくご紹介します。

短所を面接で伝えるときのポイントは?

ここでは、短所を面接で伝えるときのポイントについてご紹介します。具体的なポイントに入る前に、面接官がどういう部分を見ているかについて、確認してみましょう。

面接で見られているポイント

面接では大きく、次のポイントが見られています。

  • きちんと自分の短所を理解できているか?
  • その短所や短所のデメリットについて、きちんと説明できているか?
  • その短所に対してどう向き合っているか?(克服しようとしているか?)

きちんと自分の短所を理解できているか?

まず、自分の短所について、きちんと理解できていることが大切です。これは自己分析や、内省を行わない限り、見えてこないものです。

会社に入っても、仕事をする中で「もっとこうした方が良い」「ここを直したほうが良い」とアドバイスをくれる場面はありますが、それを言われなくても自分で認識できるのか?というところを見ています

その短所や短所のデメリットについて、きちんと説明できているか?

また、その短所や短所のデメリットについて、自分の言葉で説明できることも大切です。

会社で「自分の直すべきところ」について、アドバイスを聞くときに、適切な質問ができるかは、説明能力に関わってきます。

その短所に対してどう向き合っているか?(克服しようとしているか?)

また、その短所に対する向き合い方も大切です。

基本的には「克服しよう」と努力することが評価されますが、仕事上でのクセや間違いに対しての向き合い方に似てきます。

「短所に対する向き合い方がなっていない人は、仕事で注意されたことに対しても同じように向き合うだろう」と判断されるので、克服しようとしている姿を見せることが大切です

伝えるときのポイント

私は、面接で短所を次のように答えていました。

人付き合いがあまり得意ではないところです。人付き合いが上手な人は、人との信頼関係を築きやすいため、さまざまなチャンスを掴みやすいと思います。しかし、私には足りないと思っており、いろいろな人と気さくに話せる人や、人の懐に入るのが上手な人を目の前にしたときに、この短所を感じます。ただ、私なりに「まずは目の前にいる人に話しかけてみる」「隣の人に話しかけてみる」など、小さなところから始めたりしていて、その短所を克服しようとしています。

短所を面接で伝える際のポイントは、大きく3つあります。

STEP.1
短所を簡潔に答える

まずは、短所について簡潔にまとめます。結論ファーストで述べると、相手も理解しやすいです。

STEP.2
その短所があることでどういうデメリットがあるのかを述べる

次に、その短所があることで、どういうデメリットがあるのか、その短所がない人にはどんなメリットがあるのか、についてまとめます。

「この短所があるせいで、こういった場面でデメリットがあると思う」「この短所がない人は、こういう時に良いと思う」など、きちんと短所の特性について話せることで、”漫然と理解しているわけではない”と相手に伝えることができます。

STEP.3
その短所を克服するためにしていることなどを述べる

最後に、その短所を克服する上で、どんなことをしているのかについて、まとめます。

短所は、そう簡単に克服できるものではないと思いますが、「デメリットが出ないように工夫している」などの姿勢を示すことが大切です

短所や長所がそもそも分からない…。見つけ方のコツは?

就活生の中には、「短所や長所が分からない」という人もいるでしょう。

見つけ方のコツとしては、大きく2つあります。

  • 自己分析をする
  • 第三者に聞く

自己分析をする

1つ目は、自分で振り返ってみて「どこが強みかな、弱みかな」と分析することです。幼少期から、大学までを振り返った時、いつも同じようなミスをしてしまったり、壁にぶつかったりすることがあったとします。

私の場合は、人間関係に関するものだったのですが、それがそのまま短所に繋がることがあります。現に、苦手なわけですから、短所として据えても問題ありません。

逆に、「こういう分野で成功している」「こういう場面は得意だ」というようなことがあった場合は、そのまま強みとすることもできます。そうやって自己分析を行う中で、強みや弱みを見つけていくのも1つの方法です。

第三者に聞く

2つ目は、OB・OG訪問やエージェント、イベント等で第三者に判断してもらうことです

私の強みは、「冷静に物事を分析し、判断できるところ」なのですが、それは模擬面接をしてもらったり、面談をしている時に言われることが多かったからなんです。

それまでは全く別の強みを言っていたのですが、「なんかそれ以上に、冷静に判断できるところの方がすごいと思うけどね」と言われて、「確かに、それもあるかもしれない」と気づきました。

自分の中で思っている強みと弱みは、客観的に見ると全く違うものが浮かび上がってくることは、往々にしてあります。

面接では、客観評価となるので、客観的に見た時に出てくるものを据えてあげると、面接官も理解しやすいです

面接対策や、模擬面接などのイベントは、ちょくちょく行われているので、積極的に参加してみるのもおすすめです。

短所を面接で伝えるときの例文

ここでは、短所を面接で伝えるときの例文についてご紹介します。

先程も紹介しましたが、私が言っていた短所は、以下の通りです。

人付き合いがあまり得意ではないところです。人付き合いが上手な人は、人との信頼関係を築きやすいため、さまざまなチャンスを掴みやすいと思います。しかし、私には足りないと思っており、いろいろな人と気さくに話せる人や、人の懐に入るのが上手な人を目の前にしたときに、この短所を感じます。ただ、私なりに「まずは目の前にいる人に話しかけてみる」「隣の人に話しかけてみる」など、小さなところから始めたりしていて、その短所を克服しようとしています。

ここでは、短所別に例文を考えてみたいと思います。

短所が「負けず嫌い」な場合

私の短所は「負けず嫌い」なところです。勝てないと気が済まない部分があるので、いつまでもその勝負に挑もうとしてしまったり、相手に迷惑をかけてしまうことがありました。ただ、この短所は「切磋琢磨できる」という強みでもあると思います。現に、私が負けず嫌いだったからこそ、受験の時に友人と一緒に成績を大幅に伸ばすことができました。社会人になったら、漫然と勝負し続けるのではなく、お互いに高め合えるような工夫をしていきたいと思っています。

「負けず嫌い」という短所を、社内の人をライバル視することで「切磋琢磨できる」という見方にしました。

「負けず嫌い」なエピソードを、もう少し詳しく説明できると、さらに良いです。

短所が「マイペース」な場合

私の短所は「マイペース」なところです。自分のペースで物事を進めてしまうので、相手をイライラさせてしまったり、怒られてしまったことがありました。ただ、何事もストレスを感じず、自分のペースで物事を進められることは強みでもあると思います。今は、マイペースに物事を行うにしても、締め切りや相手の事情など、必要最低限のことは必ず守るようにし、上手に物事が進められるようにしています。

「マイペース」という短所を、「何事もストレスを感じず、自分のペースで物事を進められる」という見方にしました。

会社側としては、無理に迫ってストレスを感じてしまったり、やる気をそがれたりするほうがマイナスに感じるはずなので、「最低限を守って、あとは伸び伸びやります」という感じにしました。

こちらも、「マイペース」なエピソードを、もう少し詳しく説明できると、さらに良いです。

短所が「緊張しい」な場合

私の短所は「緊張しい」なところです。人前で発表するときや、大きなイベントが控えているときは、緊張してしまい、赤面したり、汗をかいてしまったりします。ただ、それは「物事に真摯に向き合える」ということでもあると思います。適当に取り組んでいたら、緊張すらしないのではないかと思うからです。今は、緊張するようなことが控えていたら、緊張がなくなるほどに入念な準備をするようにしています。

「緊張しい」という短所を、「物事に真摯に向き合える」という見方にしました。

緊張するというのは、「物事を成功させたいけど、上手くいかせる自信がない」という状態だと思います。

まず、そもそも成功させたいと思えていることを評価して、あとは「上手くいくように、徹底的に準備します」という流れにしました。

こちらも、「緊張しい」なエピソードを、より詳しく説明できると、さらに良いです。

短所が「優柔不断」な場合

私の短所は「優柔不断」なところです。普段の買い物でも、商品を選ぶのにかなりの時間がかかってしまい、一緒にいる友だちに迷惑をかけてしまうところがあります。ただ、優柔不断というのは、「物事を慎重に見れる・判断できる」という強みでもあると思っています。今は、自分がなにか意思決定をするときには、慎重さは保ちつつも、ある程度の基準を設けて、短い時間の中で最良の判断ができるように工夫しています。

「優柔不断」という短所を、「物事を慎重に見れる・判断できる」という見方にしました。

後先考えずに行動した結果、不利益を被るよりも、慎重に判断できる方が良い場面も多いでしょうから、その点でカバーする形にしました。

こちらも、「優柔不断」なエピソードを、より詳しく説明できると、さらに良いです。

短所が「心配性」な場合

私の短所は「心配性」なところです。大きなイベントや、大事な予定が次の日にあると、寝る時になかなか寝付けなかったり、いろいろな心配をしてしまったりします。ただ、それは「最悪を想定できる・いろいろな可能性を考えられる」という強みでもあると思っています。ただ心配をして、不安になるのは周りにいる人に迷惑なので、心配になったら、その対処法も合わせて考えるようにして、リスク管理になるように工夫しています。

「心配性」という短所を、「最悪を想定できる・いろいろな可能性を考えられる」という見方にしました。

「この部分がダメになったら、どうするの?」「もし、当日メンバーが体調不良になったら?」というように、企画に対してツッコミを入れることができるということであり、それはリスク管理に繋げられるので、その点を推しました。

こちらも、「心配性」なエピソードを、より詳しく説明できると、さらに良いです。

短所が「せっかち」な場合

私の短所は「せっかち」なところです。何も考えずに突っ走ってしまうクセがあり、何度も失敗をしてきました。ただ、それは「挑戦ができる・スピードが大切な場面では大きな強みになる」とも思っています。今は、挑戦したときの、成功率をあげられるように、挑戦する前にできるだけ慎重に考えるように意識しています。

「せっかち」という短所を、「挑戦ができる・スピードが大切な場面では大きな強みになる」という見方をしました。

優柔不断の真逆とも捉えられますが、優柔不断すぎて、好機を逃すのは、もっと最悪なケースもあります。

その場合に強みを発揮できるだろうし、その際により良い意思決定ができるように、慎重になれるようにするというカバーもしました。

こちらも、「せっかち」なエピソードを、より詳しく説明できると、さらに良いです。

短所の面接での伝え方が分からない人はエージェントに相談しよう

短所の面接での伝え方が分からない人は、エージェントを活用しましょう。

エージェントを利用すれば、短所の伝え方はもちろん、自分に合った企業を紹介してくれますし、ES対策・面接対策も行ってくれます。就活や将来に関する相談もできるので、非常におすすめです。

以下では、私が実際に利用した質の高いエージェントをご紹介します。ぜひチェックしてみてください。

キャリアチケット

キャリアチケット

キャリアチケットは、レバレジーズ株式会社が運営する、就活エージェントです。

就活のプロであるキャリアアドバイザーが担当で付いてくれ、将来のことから自己分析まで徹底的にサポートしてくれます

今まで受かった人の特徴や戦略をベースに、サポートしてくれるので、キャリアチケットでも確実に内定に近づくことができます。

入社後のプランも見据えて、その人に本当に合った企業を紹介してくれるので、その点もおすすめと言えるでしょう。

就活のプロに話と一緒に進めていきたいと考えている人は、ぜひチェックしてみてください。

学長

複数内定をもらった友人が利用していましたが、エージェントの人は丁寧に話を聞いてくれ、非常に良かったと絶賛していました。連絡手段がラインで、非常に話しやすい感じだったと言っていました。

キャリアパーク

キャリアパーク

キャリアパークは、上場会社のポート株式会社が運営している、就活エージェントです。

年間1,000名以上の就活生を支援してきた、就活のプロが付いてくれ、就活を全面的にサポートしてくれます

キャリアアドバイザーが、個別に面談を行い、適性や志向などを見極め、全国417万社ある中小企業の中から、厳選された優良企業を紹介してくれます。

特別選考フローの求人もあるため、最短で1週間で内定を勝ち取ることもできます。

1人で就活をすることに不安を感じている人、キャリアアドバイザーの力を借りたい人は、ぜひ利用してみてください。

学長

こちらも、複数内定をもらった友人が利用していました。キャリアチケット同様、担当の方は非常に丁寧で、ESの添削や就活軸の棚卸しなど、丁寧に手伝ってくれたと言っていました

Goodfindエージェント

Goodfind

Goodfindは、成長志向の強い就活生向けの就活サービスです

「市場価値を高めたい」「将来起業・独立したい」といった野望を抱えている学生が多く、紹介される起業も成長市場の真っ只中にいる企業や、確実に成長する企業ばかりです。

いわゆる”成長中のベンチャー企業”を、厳選して紹介してくれるので、成長意欲のある人は、必ず登録しておきたいサービスです

また、運営者やアドバイザーの人の質も非常に高く、有名企業の役員経験者や、有名外資系コンサル出身など、ハイキャリアな人がほとんどです。

そんな人が就活を全面的にサポートしてくれるサービスが、「Goodfindエージェント」です。

完全無料で利用することができるので、ぜひ活用してみてください。

学長

私が実際に利用していたエージェントの1つです。Goodfindの人は、とにかく優秀で、ES添削、軸・志望動機の添削など、これ以上ない質の高いものに仕上げることができました。ただ、サポートする人を限定して行っているので、利用できない場合は、上記2つを利用すると良いでしょう。

短所の面接での伝え方をマスターしてスムーズに突破しよう

ここまで、短所の面接での伝え方について詳しく解説してきました。

短所は、伝えにくい部分ではありますが、考え方や工夫の仕方が分かれば、スムーズに伝えられるようになります。

ぜひこの記事を参考に、自分の短所について考えてみてください。